平成20年に誕生し、今年で記念すべき10回目の開催となる「おおいた夢色音楽祭」。
今回は10周年特別企画として「大分市中央通り歩行者天国」との同時開催や「みゅーじふる・たうん」ストリートステージを増やし、初心者向けのショートステージや大分駅前大屋根下に国際ステージを設けるなど、さまざまな特別企画を予定しています。
ステージを渡り歩くもよし、気に入ったステージに腰を据えるもよし、自由なスタイルで「音楽にあふれる街おおいた」を存分にお楽しみください。

みゅーじふる(Music+~ful)たうん

 県内外から集まった約290組1,000人のミュージシャンがフォーク、ロック、ジャズ、クラシックなど様々なジャンルの演奏を繰り広げます。
今回は初心者向けのショートステージも設置します。
※会場によって開始・終了時間が異なります。

夢色ミュージックコンテスト2017

昨年の様子 全国から46組の応募があり、1次・2次予選を勝ち抜いた10組の実力派ミュージシャンがグランプリを懸け熱い演奏を披露します。

  • と き:10月21日(土) 17:30~20:00
  • ところ:若草公園ステージ

ファイナルナイト・ジャム

 スペシャルゲストの「渡瀬マキ(LINDBERG)」「ザ・ショッキング」、本市の姉妹都市・オースチン市、友好都市・武漢市のミュージシャンが登場し、音楽祭を締めくくります。

リズみんの夢色レストラン

 若草公園では、おいしいものがたっぷり味わえる屋台を設置。
音楽を楽しみながらグルメを楽しむことができます♪
また、この2日間しか味わうことのできない「夢色カクテル」が今年も登場します!お楽しみに!

昨年の様子